引っ越しの流れを掴んでおこう~見積もり比較はマスト~

新着情報

引っ越しを計画的に進めるべき理由

引っ越しは全体像を把握して計画的に進めることが大切です。引っ越しの日に合わせて様々な手続きを済ませ、引っ越しの日に合わせて引越し業者の予約を取り、その日からは新居に住めるようにしておかなければなりません。旧居や新居が賃貸物件の場合にはそれぞれの不動産会社との間での日程調整も必要になります。引っ越しには手続きが多く、関わる業者も多いのが特徴であり、前もって計画的に予定を合わせておかないとスムーズに行うことができません。ですから、あらかじめやるべきことをまとめ、業者をどのように利用するのかも知っておくといいです。

引っ越し業者に依頼する流れ

訪問予定の確定

引っ越し業者に引っ越しについての依頼するのは電話やメールなどを使うことが可能です。その連絡をしたときに業者による訪問を受ける予定を決めます。詳細なプランの決定や荷物の確認などを行う日を予約するのです。

訪問見積もりの実施

予約をした日には業者が訪問してくれるので、そこで見積もりをしてもらうことになります。荷物の量や種類、使用するトラック、オプションサービスなどを選択して費用を算出してもらうのが、この日に行う訪問見積もりです。

依頼内容の確定

訪問見積もりをしたら、依頼内容を書類にまとめてもらって契約をします。見積書や約款の内容を確認し、確かに予定している引っ越しの日に希望している作業を全てしてもらえることを確認してサインすると依頼は完了です。

[PR]

引っ越しは大阪で好評の業者に頼もう
梱包資材を無料で提供してくれる 引越し作業は東京の業者にお任せ!
オフィスの移転も対応してくれる

リスト化で効率アップ

レディ

やるべき手続きはリスト化するのがおすすめ

引っ越しのときにはやらなければならない手続きがたくさんあります。引っ越し前には役所で転出届を提出して転出証明書を受け取り、引っ越し後には役所に再度行って転入届と転出証明書を提出しなければなりません。これが最低限必要な行政上の手続きですが、他にも国民健康保険や国民年金の手続きや児童手当の受給手続きも必要な場合があります。水道や電気、ガスの手続きも旧居と新居の両方で行わなければなりません。数を数えていくと限りがないほどに引っ越しの前後で行わなければならないことがたくさんあるので、リスト化しておくことが大切です。やるべき手続きをリストにして、手続きができる期間と行う場所を合わせて記載しておけば、それを見るだけで取りこぼしがないかどうかを判断できます。期間を決めてこの日までにやることという形でToDoリストにしておくのも良い方法です。終わったものからチェックを入れていくようにすると全てを確実に済ませられるでしょう。

依頼前の見積もりを忘れずに

依頼前には必ず見積もりを取ることが大切です。見積もりを取ると費用が正確にわかるだけでなく、作業内容に不備がないかも確認できるからです。運送条件や不用品回収の有無などのように、後になってからトラブルになりやすい確認事項を書面でチェックしておき、不備がある場合には再度見積もりを行ってもらいましょう。また、大阪や東京には引っ越し業者の数も多いので、いくつかの業者から見積もりを取って比較してみることも重要になります。同じ引っ越しであっても業者によってプランも違えば割引サービス、オプションサービスなども異なっているため、かかる費用にも違いが生じるのが一般的です。同じサービスなら安い方が良く、同じ金額なら便利なサービスが付いている方が良いので、見積もりを取って比較し、より良い業者を選んで依頼するのが賢明と言えます。複数社から見積もりを取るときには引っ越し業者にもそのことを伝えておくと、他の業者を選んだときにも断りやすくなるでしょう。

[PR]

広告募集中